医療レーザー脱毛機の種類.

医療レーザーで使われている脱毛機の主な機種としては、2つあります。

  ジェントルレーズ

 アレキサンドライトレーザーの代表的な機種。

医療脱毛おすすめ
米国 キャンデラ社製.

アレキサンドライトという宝石を使っていることからのネーミングのようです。

大手クリニックをはじめ、現在日本で最も多くのシェアを誇っている脱毛機 と言えます。
医療脱毛器として初めて 日本に渡ってきた機種です。

脱毛効果はもちろん、もともとは皮膚の様々な治療に使われていた機種なので、美容整形の他の分野(シミ・シワ・ソバカス等の皮膚疾患)の治療にも威力を発揮します。
医療脱毛おすすめ
ジェントルレーズのヘッド部分は非常に軽く、また照射スピードも速い事から トリートメントのスピードアップが望めます。
ヘッドの重さは重要で、施術をする医師や技術者にとっては “打ち漏れ” の原因になったりします。

照射直前に冷却ガスが噴出されるので、皮膚表面を瞬時に冷やし 痛みが軽減されます。また、ヤケドのリスクも少なくなります。
 


 

  ライトシェアデュエット

 ダイオードレーザーの代表的な機種。

医療脱毛おすすめ

米国 ルミナス社製。

ジェントルレーズと同様に広く普及している脱毛器。

ダイオードレーザーは、アレキサンドレーザーよりも波長が長く 毛根の内部により深く到達できる為、太い毛はもちろん 比較的メラニン色素の薄い産毛等の毛にも対応できます。

また低出力で高い効果を実現できるので、ジェントルレーズよりは痛みが軽減されているようです。
レーザー脱毛機 特有の「バスッ!バスッ!」っと言った音が少ないので、そう言った事からも痛いという感覚が薄くなるのかもしれません。

ですが、痛みが全く無いという訳ではなく、多少の痛みはあります。

医療脱毛おすすめ
 
《2種類のヘッドを搭載》
右;HS 大口径35×22mmの照射口は、施術時間が3分の1に短縮。

照射時に皮膚を吸引して伸ばす事で、レーザーが皮膚に含まれるメラニンに吸収されるのを防ぎ、ターゲットの毛に対してのみ効率的にエネルギーを加える事ができます。

左;ET 照射口 9×9mm。密着型。体の細部・入り組んだ より細かい部分にまで照射が可能。
HSよりも痛みが強い傾向があります。

 
上記の2種類がほぼ主流ですが、サブ機として 併用されることが多く部位別に使い分けをする為の機種として使われることがあるのが下記のタイプのレーザー脱毛機です。


 

  ジェントルYAG

 ロングパルスヤグレーザーの代表機種。

医療脱毛おすすめ

米国 キャンデラ社製。

脱毛で使われるレーザーの中で最も長い波長1000nm以上を誇るロングパルスヤグレーザーを搭載した機種です。

毛根の最深部への到達が可能なため、太くしぶと毛(男性のひげ・vio)や、その他のあらゆる肌質・毛質に対して威力を発揮します。

レーザーの特性として基本的に、波長が短い方が メラニンに反応しやすいため、ヤグレーザーのように波長が長いレーザーはメラニンへの反応が鈍いとされています。

その為、元々色黒の人や日焼けした肌・メラニン色素が多い部分(vio等)の皮膚 にも照射ができる というメリットがあります。

ヤグレーザーはその波長の長さから、様々な施術に応用できます。
・タイトニング(肌の引き締め・リフトアップ)
・ハリ.小じわ
・赤ら顔.毛細血管拡張.ニキビ跡  等々。

 


 
また 最近では、様々な機能を搭載した新たな複合機も登場しています。